蒼の封印

漫画
蒼の封印(1) (フラワーコミックス) | 篠原千絵 | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで篠原千絵の蒼の封印(1) (フラワーコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

蒼子(そうこ)は高校1年生。転校初日から気分が優れない蒼子だが、美しい彼女は学校の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられる。保健室で香椎に襲われた蒼子は気を失ってしまうのだが、気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服だけが残されていた。翌日、心配しつつ学校に来た蒼子は、香椎が見知らぬ男に替わっていることに気づく。だが、クラスメートはいつもと変わらぬ様子。怖くなる蒼子に、姿の変わった香椎が近づく。彼の本当の名は彬(あきら)。「西家」の“白虎”なのだという。彼は、鬼門復活を目指す「東家」の“蒼龍”を倒すために生まれたと告白する。自分がその蒼龍という人喰い鬼だと言われた蒼子だが…!?●収録作品蒼の封印

https://amzn.to/2FYs9WI

篠原さん得意のホラー系作品。
鬼の生まれ変わりである蒼子はその記憶を持たないまま、鬼を倒す使命を持つ彬に殺されかける。
追い詰められた蒼子は鬼の能力だけ覚醒させたが、やはり記憶は普通の人間のまま、必死に抵抗。
その様子を見た彬は一目惚れということもあり、蒼子が本当に人間でいられるのか、今は殺さず様子を見ることに。現代版のロミオとジュリエット。

読み進むにつれて次第に明らかになっていく鬼門。
登場人物が増えるに従って壮大になっていくストーリー。
色あせない不朽の名作だと思います! 絵も綺麗だし、ぜひぜひ読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました